サイト運営主の雑記

欅坂46MADでおすすめ(「15歳の主張/傘村トータ」)

MADは大学時代から好きで毎日のようにyoutubeかニコ動で繰り返し見ていた。

特に、その時はアニメや漫画の静止画MADが好きだった。(実際自分で作ったこともある)

大学生と途中で欅坂46ができて、欅にもハマった。

他のアイドルたちが

「かわいくて、人気があって、みんなから認められるような既存の理想のアイドル像」

を目指しているのに対して、

欅は

曲とか、歌詞とか、自分自身とかに向き合きあうことを強制されていて、(コンセプトとか秋元さんの歌詞とかで)

葛藤することや、自分の存在を深く自分の中で問う姿勢が出ているところに、心を動かされた。

youtubeで欅MADをいろいろとあさっていた中で、おすすめの感傷的な音楽と動画で飾られた、考えさせるであろう、MADを紹介しよう。

【MAD】欅坂46/15歳の主張

曲は「15歳の主張/傘村トータ」。

僕なりの感想として。

15歳という年齢に差し掛かって、今まで親だとか学校の価値観を押し付けられてきて、

むしろ、押し付けられていても、押し付けられている意識がなくて、素直にそれが正しいと思って、周りの価値観が馴染んでいたけれど。

年を取って、いろんな経験して、自分の自我というか自分なりの価値観が形成されてきて、

周囲の期待・価値観と自分自身の摩擦が強くなってきた。

こんな時期のことを歌っているのだろう。

他人に「あなたはこうするべきだ」と言われて、「なるほどそうなんだ(*’ω’*)」と素直に受け入れ、従っていた過去とは違って、

「他人は関係ない、自分で決める」という決意を感じる。

「あなたはこうすべきよ。」という大人たちは将来の私の幸せを保証してくれない。

勝手に自分の価値観を押しつけて、自己満足しているだけだ。

『私にだって強さがあれば 言いたいことだらけだ』

「15歳の主張/傘村トータ」

の歌詞のところで映画『響-HIBIKI-』の映像が引用されている。(下の動画はその部分から再生)

これが自分を貫いて、それでも社会で生きていける、「理想の強い自分像」なのだと思う。

一方、現実としては、自分の生き方を突き通したいが、現実には種々の人、環境、構造の中で一部自分の価値観に妥協しつつ、生きていかなければならない。

その理想と、現実の葛藤を苦しみつつも、自分は自分の人生を歩むという決意が美しく感じられた。

次の欅MAD紹介に続く

この「自分の人生を生きるぞ!!!」という決意の先に待っていることは

次に紹介する欅MADでよく描かれているのではないかと個人的には思っている。

また、そのうちそのMADの紹介記事書きます(・ω・)ノ

サイト運営主の雑記

メインページ

関連記事
サイト運営主の雑記

働くことってえらいこと?当たり前のこと?働きたくないから一回止まって考えてみる(´・ω・)

2021年6月12日
医療・介護まとめちゃんねる
学校行って勉強して社会人になったら働くのが当たり前みたいな感じのレールをずっと走ってきて 当然のよう次は働くステージって感じなんだけ …